ゆるり工房 凸凹庵

title_1005.png

正方形の小さな布を折り、草花などを表現する繊細な手芸技法・つまみ細工。
江戸時代から続く伝統的なこの細工は、角が鋭角の「剣つまみ」と丸い「丸つまみ」の2種の技法を組み合わせて実に多彩な世界を表現します。舞妓さんの花かんざしにも使われているこの技法を使った、かんざしやブローチなどさまざまな小物作りが体験できます。色とりどりの生地で作る小物は、日本独特の季節感や美意識が凝縮され、どれも乙女心をくすぐるかわいらしさですよ!!



体 験 内 容


D1.jpg
お好きな「かんざし」のタイプを決めます。
コサージュタイプのものや櫛タイプのものまで種類は豊富です。デザインによって必要な生地の数が変わり、料金も異なります。

【体験商品一覧はクリック】




D2.jpg
たくさんの生地の中から色や柄を選びます。使用する布には ちりめん生地と古い着物の古布の2種があります。初心者に向いているのは折りたたみやすいちりめんですが、着物の柄やしなやかな質感のある古布も魅力的ですよ。




D4.jpg
折りたたみの作業は「剣つまみ」「丸つまみ」があり、選んだ花の形により折り方が異なります。




D6.jpg
布を何度か折って小さな三角形にし、花びらを作っていきます。細かい作業なのでピンセットを使って慎重に行います。




D5.jpg
ノリを広げた板の上に折り目が広がらないように花びらを並べていきます。花びらの数だけこの作業を繰り返します。




D5.jpg
土台の所に花型つまみを乗せていきます。




D8.jpg
土台に花びらを付け、花芯となるパールやビーズなどの飾りを固定したらできあがり。






dekobokoan-manager.jpg

私は、舞妓に出会う事の多い京都東山に生まれて
幼少の頃より目にするかんざしに魅せられて育ちました。 大人になり美容の世界へ入りましたが、興味は日本髪へと方向を移し、その装飾品であるつまみかんざしの創作活動に入っていったのも当然の流れであったような気がします。つまみ細工の歴史は江戸時代から伝わる伝統的手芸です。宮中の女官や大名の奥女中などが始めは趣味として楽しんでいた和小物制作の技法が、明治の頃より日本髪になくてはならない花簪、花櫛に応用され始めました。ほんの少しの余り布を折畳んで作る髪飾りやアクセサリーの中に、日本独特の季節感や美意識を織り込み、その美しさを伝えていくと同時に、つまみの手法を使って現代の生活やファッションに融合させていく楽しさを求めていく工房にしたいと思っています。




◇◇◇体験受付中(当日予約OK)◇◇◇
※空き状況を必ずお問い合わせ下さい!! 

時 間 10:00〜17:00 / 定休日 毎週(水)・第一(土)・15,16日
※体験最終入店は16:00
k.dekoboko@nike.eonet.ne.jp

WEB予約はこちら



You Tubeに投稿しました!!


つまみ細工 体験工程をUPしてみました(u_u*)ペコリ



最近は外国の方も体験しに来られるようになったので英語ヴァージョンもUPしてみました(u_u*)ペコリ



元テニスプレイヤーの杉山愛さん・妹の舞さんが体験しに来てくださいました(u_u*)ペコリ



京都観光案内さんが30秒CMを作って下さいました(u_u*)ペコリ